当学会は、学会誌『日本工業所有権法学会年報』を毎年1冊ずつ刊行しています。

 編者:日本工業所有権法学会
 発行所:有斐閣


■既刊購入

既刊の年報のうち、在庫があるものについては、発行所(有斐閣)の下記サイトから購入可能です。

有斐閣 日本工業所有権法学会年報のページ


■既刊一覧

号数  年  タイトル 
(1) 1977 工業所有権法の現代的課題 
(2) 1978 ヨーロッパ工業所有権法の諸問題
(3) 1979 特許制度の国際化への諸問題 
(4) 1980 研究者の発明保護の諸問題
(5) 1981 工業所有権法における審判制度の諸問題
(6) 1982 工業所有権法における審決取消訴訟の諸問題
(7) 1983 パリ条約の現代的課題
(8) 1984 不正競争防止法の基本問題
(9) 1985 特許法における民事訴訟の行政訴訟
(10) 1986 不正競争防止法の基本問題(二)
(11) 1987 多項制に関する諸問題
(12) 1988 意匠制度の現状と課題
(13) 1989 企業秘密の保護
(14) 1990 不正競争防止法の改正問題
(15) 1991 GATTと知的財産権
(16) 1992 実用新案法制の動向
(17) 1993 バイオテクノロジーの法的保護
(18) 1994 改正不正競争防止法をめぐる諸問題
(19) 1995 知的財産権と並行輸入
(20) 1996 知的財産紛争とその解決 
(21) 1997 デザインの法的保護
(22) 1998 知的財産権と環境
(23) 1999 先端技術分野における特許保護
(24) 2000 特許権と強制実施制度
(25) 2001 特許制度のハーモナイゼーション
(26) 2002 知的財産と先使用権
(27) 2003 特許関係訴訟と審判
(28) 2004 営業秘密の保護
(29) 2005 創作者の保護と知的財産権の活用の相剋
(30) 2006 知的財産法の現状と課題
(31) 2007 商標の保護
(32) 2008 発明の本質的部分の保護の要否
(33) 2009 特許制度と競争政策 
(34) 2010 侵害訴訟と無効の抗弁
(35) 2011 通常実施権の当然対抗
(36) 2012 イノベーションと特許政策
(37) 2013 商標の使用と権利侵害
(38) 2014 均等論,覚醒か死か
(39) 2015 知的財産権の帰属


■投稿規定

1)他誌に未発表の、工業所有権に関係する論文について、会員の投稿論文2本を限度として年報に掲載します。掲載に際しては、当該年度における年報の特集テーマ等の編集の都合から掲載論文を選択することがあります。

2)投稿に際しては、次に掲げる「投稿願書」に必要事項を記入し、あわせて「理事推薦書」に理事の推薦を受け、理事を通じて、投稿論文データを事務局にお送りください。

投稿願書 Excelファイル PDFファイル 
理事推薦書 Wordファイル PDFファイル

3)投稿論文の文字数は12000字ないし16000字程度とし、提出は9月末までにしてください。

4)投稿論文は査読を行い、原則として理事を通じ、査読結果をお知らせします。なお査読の公正を期すため、投稿論文データには、投稿者を特定する表現(「拙稿」等)をできるだけ避けてください。